トピックス

詳細表示 リスト表示 検索

慢性腎臓病(CKD)ってどんな病気?


慢性腎臓病(CKD)ってどんな病気か知っていますか?


CKDとは腎臓の機能が低下した状態が続くことです。

腎臓の病気や糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームの人がなりやすく、
尿検査と糸球体濾過量(GFR)によって診断されます。


食習慣の変化に伴い、今では成人の約8人に1人がCKDと診断されています。

CKDの重症度は五段階に分かれています


腎機能が低下すると透析治療が必要になります。
その人数は年々増加していて、CKDは透析の予備軍といわれています。


<腎機能低下を遅らせ透析治療を受けないようにする為に>

                ↓

        食事            運動
  塩分・カリウム・タンパク制限    腎臓リハビリテーション


(星)食事では塩分、カリウム、タンパクの制限が重要です。
また、近年CKD患者さんが適切な運動をすることで、症状の改善につながることが明らかになりました。

(星)CKDと診断される人が増えるなかで、
少しでも腎機能低下を遅らせることが大切です。

♪その一歩として腎臓を守るための食事と運動を紹介する
腎臓病教室を実施する予定です。






[登録日] 2017/06/10 | 固定リンク