診療案内

検査 〜当院でできる検査〜

骨塩定量検査

骨の中にはカルシウムやリンなどのミネラル成分(=骨塩)が含まれています。
骨にどのくらいミネラル成分(=骨塩)があるかどうか、骨密度を測り、その結果から同年代・同姓の人と比較して骨の強さを調べるのが骨塩定量検査です。

↓ こんな方におすすめです
  • 近親者に骨粗鬆症の人がいる方
  • 35歳以上の女性の方
  • 胃切除をしている方
  • 糖尿病の方
  • ステロイドを服用している方
! こんな症状が出てきたら要注意
  • 身長が低くなってきた
  • 背中が丸くなってきた
  • 荷物を持ったときなど、腰や背中に激痛が走った
  • 転倒して骨折した

最低1年に1回は骨量を測ってみましょう。 早めの治療で骨粗鬆症の進行を防ぐことが出来ます。

レントゲン(X線撮影)

肺や心臓に異常が疑われるときや、お腹の調子が悪いときなど、体の様々な部分を撮影します。
X線を用いるため、妊娠中の方、あるいはその可能性のある方はお断りをしております。
撮影時、アクセサリーなど貴金属類ははずして頂きます。
座ったり、横になったり、息を止めたりしていただく場合があります。これはより正確な診断をするために必要なことですので、ご協力をお願いいたします。

心電図

ベッドに仰向けに寝ていただき、両手・両足、胸に電極をつけて行います。
心臓が動くときに出るわずかな電気をグラフ化し、不整脈や虚血性心疾患など、心臓の様子を調べます。
電極が冷たく感じる場合もありますが、痛み等はありません。

また、普段通り生活しながら24時間心電図を記録して、不整脈の程度、不整脈の薬の治療効果、自覚症状等との関係を調べる24時間ホルター心電図もあります。
こちらの検査は予約制となります。検査中のご入浴はできません。
また、心電図の取り外しのため、翌日の指定時間に来院していただくようになります。

胃透視

バリウム(造影剤)と発泡剤を飲んでいただき、色々な方向から胃のX線写真を撮ります。
お腹の中に食べたものが残っていると正確に診断できないため、前日より食事制限があります。
この検査も予約が必要になります。

! 注意事項
  • 前日、夜9時以降は飲食しないでください。(水・お茶等を少し飲む程度はOK)
  • 当日は、絶食になります。水・お茶等も飲まないでください。

超音波検査

上半身の衣服を脱いでいただき、検査用のゼリーを体につけた後、音波を発するプローブという機械を体にあて臓器を映像化していきます。
各臓器に病変がないか調べます。